フリーアクセス 治療メモ

逆子について

各週期における逆子の変化について  

  • 30〜34週が変化出しやすい
  • 35〜6週になると赤ちゃんが大きくなるので動きにくい
  • 33週までは自己回転が可能

逆子の改善率について

  • 25〜28週 30.2%
  • 29〜32週 22.0%
  • 33〜36週 13.6%
  • 37週以降 4.3%

逆子の改善日数  

初産 
  • 矯正:22.3日+-22日 
  • 非矯正:33.3日+-21.4日  
経産 
  • 矯正:31.5日+-1.7週  
  • 非矯正:34週+-2.5週「実際に分娩するときの逆子の確率は3~5%」

原因 

母体   
  • 子宮の形態異常  
  • 胎盤異常
  • 骨盤の幅が狭い 
胎児  
  • 多胎妊娠 (双子など)
  • 羊水過多 (動き回りやすい)

*末梢血管が収縮すると逆子になりやすいと言われている。

  • この記事を書いた人

島田正寿

2014年に寿鍼灸院を開業。以来、鍼灸専門で様々な疾患を持つ患者さんを治療している。また、寿鍼灸院での臨床の他、学校教員やスポーツ現場でも活動中。師匠はアキュゾーンセラピーを築き上げた中野雅章先生。

-フリーアクセス, 治療メモ

© 2022 寿鍼会 Powered by AFFINGER5